ダニは香辛料に来やすい?予防するためには?

ダニは香辛料に来やすい?予防するためには?

 

【コナダニに注意!】

ダニは粉類に入り込んでくるというのは有名な話ですが、それ以外の食品やスパイスも好物です。常温で保存していると、残念ながらスパイスにもダニは入り込んできます。 特に元々畳に多いコナダニという種類は食品を好みます。

 

湿気の多い季節は、畳から食品などに移ってきます。よく出現するのはケナガコナダニです。名前からわかるように背中には細長い毛が多数生えています。コナダニはなんでも食べられる雑食で、成長が早くすぐに条件がそろうと1-2日の間に大繁殖してしまいます。

 

特にこのダニが食品に生息すると、食品の日もちが悪くなったり、人が口に含んでしまうと、急性ダニアレルギーなどになり病院に搬送されてしまう場合もあります。

 

 

予防するには?

粉類である小麦粉、お好み焼き粉、砂糖はもちろんの事、香辛料の中では、胡椒、一味唐辛子、ドライパセリ、クミンなどが注意しなければならない食品です。

 

こういった粉類や香辛料の輪ゴムで口を縛っても、蓋をしていてもダニはこのぐらいの隙間なら入りこんでしまいます。なので、対策としては、湿気を避けるため密閉容器に入れてその中に乾燥剤を入れると効果的です。あと、ダニは低温では生息できないので、湿度の低い冷蔵庫にしまうのもいいでしょう。