ダニシート 即効性

即効性がないダニシートを設置するまでにしたいこと!

 

ダニシートはダニを誘引する必要があるので、
個人差がありますが翌日〜1週間ほど効果を実感するのに時間がかかります。

 

 

刺さないダニならまだ大丈夫ですが、
人を刺すダニの被害にあっているなら即効性がないのは死活問題です。

 

そういった場合はどのように刺すダニを対処すればいいのかまとめました。

 

 

 

熱処理

まずはダニは高温に弱いので熱処理が必要です。
熱処理で使えるものはアイロンのスチームや熱湯などが身近に使えるものなので、
布団や衣類などはこの熱処理を行います。

 

刺された場所次第ですが、
アイロンのスチームであれば畳にも使用できるので便利です。

 

 

湿度調整

ダニは乾燥した部屋を苦手とするのでエアコンのドライや除湿器を用いて湿度調整(50%以下)を行います。
湿度だけでは完全に駆除することはできませんが大幅な活動力の低下をさせることができます。

 

 

エサの除去

人を刺すダニ(ツメダニ)は元々家庭内にいるチリダニを捕食することで侵入し、
捕食するついでに私達に被害を与えます。

 

この家庭内にいるチリダニのエサとなるホコリや食べかすなどを減らすことで、
人を刺すツメダニの抑制につなげることができます。

 

 

以上がダニシートの効果が出るまでにしたいことでした。

 

ダニシートによっては、
人を刺すツメダニまで捕獲することができるので、
予防という意味でもこういったものの方が安心かもしれませんね。

 

 

関連記事

 

ダニ刺されと蕁麻疹ってどう違うの?