ダニ ハウスダスト アレルギー 原因

ハウスダストアレルギーの原因はダニだけではない!その他の種類と特徴!

 

 

室内のハウスダストに対するアレルギーの原因は様々です。布団やじゅんたんなどに潜んでいる「ダニ」が原因のものは、家のホコリ以外にも、人やペットの毛などを餌として繁殖します。ダニの死骸がハウスダストによる症状を引き起こすもととなります。

 

私たち人間が日常生活を送る家の中には、人の抜け毛やフケなど人間から発生させられるゴミ、ゴキブリなどの虫の死骸やフンが、あらゆるところに存在します。仕方のないものではありますが、こまめな清掃を怠ることにより、これらのゴミがダニの栄養源となり、さらにダニを繁殖させます。

 

ダニ以外の誘因理由としては、「空気中のカビや細菌」「室内へ侵入した花粉」があります。いずれも、清掃をこまめに行ったり、室内に入れない対策を講じることにより、室内に留まらせないようにできるものばかりです。

 

 

ハウスダストが引き起こす症状はとてもツラく苦しいものばかりです。「アレルギー性鼻炎」は誘因理由物質が体内に侵入し、鼻の粘膜に炎症を引き起こします。発作のようなくしゃみが続いたり、水のような鼻水が垂れたり、鼻づまりなどの症状が起こります。これは、ダニなどが誘因理由の通年性のものと、花粉が誘因理由の季節性のものがあります。

 

「アレルギー性結膜炎」は誘引物質の異物が結膜に入り、目に充血や強いかゆみを引き起こします。こちらも、通年性のものと季節性のものがあります。最近では、気軽に利用できるようになったコンタクトレンズの汚れの場合もあります。

 

「アトピー性皮膚炎」や「気管支喘息」なども、ハウスダストが原因の場合もあるため、決して特殊な病気や症状ではなく、身近にある症状であり、明日は我が身であることに危機感を持たなくてはいけません。

 

 

アレルギー症状を発症させないために、日常生活できる予防法を実践しましょう。第一には、こまめな掃除と洗濯です。できるだけ毎日掃除します。特にホコリのたまりやすい玄関や寝室は、念入りに掃除しましょう。ソファーなどは干すことが難しいので、掃除機でホコリを除去することで対処します。
ホコリ以外のアレルギー原因物質のカビが発生しやすい水場(風呂場)や水場においてある足ふきマットやタオルも、こまめに洗濯することが必要です。花粉の季節以外は窓やドアを開け、風通しを良くすることも効果的です。

 

ペットを飼う場合などは、ペットもシャンプーをこまめにしてやり、清潔な状態をキープすることも必要になります。室内を清潔に保つ心掛けがあれば、ハウスダストで苦しめられる可能性が低くなります。