ダニ ハウスダスト アレルギー 治し方

【軽度】ダニによるハウスダストアレルギーの治し方!

 

日本には様々なアレルギーが存在します。代表的なものが花粉によるものだと言えるでしょう。春にはスギなどの花粉が、秋にはブタクサやイネなどの花粉が人体に侵入してあらゆる症状をもたらすようになるのです。

 

くしゃみ、鼻水や咳のほか、ひどい人では熱が出てしまう人もいます。これは身体の抗体反応が過敏に反応している状態なのです。しかしこうした植物による季節性のものではなく、動物性のアレルゲンでこうした抗体反応が見られることもあるのです。その代表的なものがダニのハウスダストによる抗体反応なのです。

 

ダニは季節に関係なく、どの家庭でも生息している害虫です。この死骸が鼻や口から吸いこむことによって咳やくしゃみ、鼻水などをもたらすのです。またこうしたダニの死骸によるハウスダストの刺激によって強烈な肌のかゆみをもたらすこともあるのです。

 

 

こうしたダニの死骸によるハウスダストによってアレルギー反応を起こさないためには、家を出来るだけ清潔に保つことが大事です。特に布団や掛布団にはダニが鉱物とする人間の皮膚やフケ、毛髪などがあり、それを餌にダニが寄ってくるのです。そのため布団や掛布団は頻繁に天日に干して死滅させたり、布団乾燥機で高熱を加えて死滅させることが大事です。

 

しかし布団や掛布団に死骸が残っていてはそれを吸い込む可能性があるので、掃除機などで小まめに死骸を吸い取るなどの工夫も大事と言えるのです。また敷布団の下にダニ捕獲シートを敷いておくと、次第に布団からいなくなりひどいアレルギー反応に悩まされなくなります。

 

また羽毛やウールではなく、化学繊維の綿の布団や敷布団にすると寄り付きにくく、丸ごとクリーニングに出すこともでき清潔を保つことができるのです。

 

 

しかし、こうしたダニ対策だけでアレルギー体質を改善することはできません。そのため清潔を保ったり、布団をこうかんするほかに自分自身の体質改善に努めることも大事なのです。それにはまず食生活を改善することも大事です。できるだけ緑黄色野菜を摂取し、食物繊維やビタミンを豊富にとって免疫力を高めることに努めることも大事です。

 

さらに納豆やヨーグルトなど乳酸菌などの食品を摂取することで腸内環境を善玉菌の好環境に整え、免疫力を高めることができるのです。また乾布摩擦や水泳など運動を生活に取り入れることでも抵抗力や免疫力が高まると言われています。

 

また運動をすると体温が上がるので、そのことで免疫力がアップするのです。それでも治らず抜本的な治し方を知りたい場合には、アレルギー科や耳鼻咽喉科など専門医に相談するのも良いと言えるでしょう。

 

 

⇒ダニアレルゲンを閉じ込めるダニシートはこちら