ダニ ハウスダスト アレルギー 治療

今すぐ治したい!ダニとハウスダストアレルギーの最前線治療!

 

日本人の多くはある疾患に悩まされていると言われています。それがアレルギー疾患という病気です。この病気はもはや国民病と一つと言っても過言ではありません。なぜならこの疾患で悩む人が年々増加傾向にあるからです。

 

とくに春先に鼻水、くしゃみ、咳、微熱といった症状に陥り非常に悩む人が増えているのです。それはスギなどの花粉が多くの人の鼻や口などの粘膜から入り込み、それがアレルゲンとなって人の身体に抗体反応起こるようになるのです。花粉という微細な粒子でも体にとっては異物であると感知し、それを排出しようと過剰反応することで鼻水、くしゃみ、咳などがとまらなくなってしまうのです。

 

一度こうした抗体反応が起こってしまうと、自力で完治させることは難しく、毎年スギ花粉の時期には同じような症状が見られ非常に苦しまなければいけないのです。

 

 

またこうしたアレルギーは花粉によるものだけではありません。花粉の場合は春や秋と言った特定の時期だけに発症します。しかしダニなどのハウスダストなどは年中存在し、それによって抗体反応を起こし苦しむ人も少なくないのです。ダニは家のいたるところに生息しています。とくに敷布団、枕、掛布団に多く生息し、人間の血液や人間の皮膚などを餌に生きています。

 

このダニが死んでその死骸を人間が呼吸のたびに吸い込むことで、鼻水、くしゃみ、咳などが出るのです。また皮膚のかゆみがおこる人も非常に多いのです。鼻水やくしゃみ、咳がひどくなり、また鼻水が寝ている時に喉の方に落ちて気道をふさぐようになると、ゼーゼーといった喘鳴がおこるようになるのです。これがいわゆる喘息と言った状態であり、喘息になると呼吸が苦しくて横になって寝ることができなくなるのです。

 

 

こうしたダニのハウスダストによる抗体反応は誰でも起こりうることであり、家を綺麗にしハウスダストをためこまないように努めなければいけません。掃除機をこまめにかけたり、布団を天日に干したり、布団乾燥機でダニを殺し、掃除機で吸い込むといった工夫も大事です。

 

またアレルギーに強くなる身体づくりも非常に重要です。乳酸菌を積極的に摂取して免疫力を高めるのも良いでしょう。

 

しかし酷いアレルギー疾患や喘息は自分では治療することができません。アレルギー科や耳鼻科で相談し、アレグラなどの内服薬を処方してもらうのもよいでしょう。

 

また喘息の場合には内科で相談して、ステロイド剤などの吸入薬を処方してもらうと良いのです。また皮膚のかゆみにもステロイドの軟膏が有効です。目のかゆみや結膜炎にはアレグラの内服薬と同時に、抗生物質の目薬なども効果的だと言えるのです。